コピー機は働き者です

無くならないコピー機
パソコンやネットワーク環境が普及して、今まで紙などに出力して行っていたことも、随分デジタル化されるようになってきました。しかし、例えば資料などをチェックする時に、モニター画面のみで行っていると、全体像が掴めずについ見落としをすることがあります。また、大勢で会議や打ち合わせを行なう時に、モニター画面のみで行っていると、適所部分での書き込みが出来なかったり、見逃した所を後で見直すということ出来なかったり、不便です。こうした時には、やはり紙に出力して、「書類」を手にすることがとても有効なのです。そのため、デジタル化が進んだ現在も「コピー機」が大活躍しているのです。

コピー機は働き者
コピーはご存知の通り、原稿やデータを読み込んで、セットした紙をロールしてインクを刷り込み、複製を作るものです。複製は1枚だけではありません。時には何百枚、何千枚もの複製を作成します。ひたすらコピーする姿に思わず健気さを感じたりもします。また、最近は原稿も複雑化しています。文字が大小入り混じっていたり、色の濃淡、グラデーションがあったり、グラフや写真があったり、より精巧な複製性能を求められています。またスキャンという形で、紙原稿をデータ化することもあります。このように、コピー機はあらゆる需要に応えるべく、毎日稼働し、機能も日々進化しています。

定期的なメンテナンスを
そんな働き者のコピー機ですので、故障や不具合はよくあることです。おかしいなと思ったらすぐに修理しましょう。早めの修理が長持ちさせるには重要です。また故障だけでなく、インクトナーやドラムの交換、転写部の掃除など、コピー機のメンテナンスは定期的に必要な作業です。メンテンナンスは修理と併せて行ってくれる業者もあるようですので、一度確認をしてみましょう。