コピー機を修理しないといけない場合

印字ができない

コピー機の修理が必要になる故障の種類は様々ですが、コピー機修理の必要性が特に高いのが、印字が出来ないというものです。
コピー機の修理が必要になる、印字ができない場合ですが、これには何通りかの原因が考えられます。
まず、トナーを紙に定着させることで色を付けますが、ドラムはそのためのトナーを記録紙に押し付けるために使われます。
ドラムユニットという、そのコピー機で必要なドラムが一纏めに鳴ったドラムユニットとして販売されることが多いのですが、このドラムは使用するごとに摩耗していくものですので、定期的にドラムユニットの交換を行います、コピー機修理の際にドラムユニットを見てもらって、ドラムユニットの交換をしてもらうのがオススメです。

紙が詰まる

コピー機の中で紙詰まりが起きる場合には、いくつかの可能性が考えられます。
コピー機にセットした紙が湿っていると、紙が数枚纏めて送られたりして紙が詰まる場合もありますし、場合によっては途中で詰まることもありえます。
この場合はコピー機の修理ではなく、紙自体の交換が必要になります。しかし、紙が乾燥しているにもかかわらず何度も紙が詰まる場合は、コピー機の修理が必要です。その際は、給紙ローラーなどの交換が必要です。

コピー機の修理ではこれら2つのトラブルが多いようですが、この他にコピー機の修理が必要になるものとして、スキャナユニットの故障があり、これもコピー機修理の際に修理されます。