コピー機修理で多い紙詰まりの悩み

○コピー機修理で多い紙詰まり
コピー機を使っていて厄介なのが紙詰まりです。何度も印刷する手間が増えてしまい、時間も浪費してしまいます。紙詰まりがあまりにも頻発する場合にはコピー機を修理する必要があります。紙詰まりには原因があります。まずコピー機が結露する環境だと紙詰まりを起こしやすくなります。紙は湿気を帯びてしまうと紙同士がくっつきやすくなってしまいます。特に冬は朝一番にヒーターやエアコンなどで暖房のスイッチを入れて急に部屋が暖められると結露が発生しやすくなります。紙を入れているカセットの内部で結露が発生してしまうと、中の紙が湿って紙詰まりしやすくなります。結露はコピー機を修理に出す原因にもなります。冬は部屋が十分に暖まってから利用すれば紙詰まりを防ぎコピー機を修理せず使うことができます。

○コピー機修理が多くなる時期
梅雨の時期はどうしても雨が多くなり紙に湿気がたまりやすくなります。紙が詰まり、コピー機の修理について考える前にできる予防策があります。用紙を入れるカセットの開いているスペースに乾燥材やシリカゲルなどを忍ばせると湿気防止になります。乾燥剤はお菓子や食品に入っていますので、再利用することで活用できます。

○コピー機を修理するまえにできること
紙詰まりの原因は湿気の他に、コピー機の給紙ローラーの摩擦力低下があります。ローラーが紙を送り出せなくなると、グシャっとコピー機の奥で詰まりコピー機を修理に出す必要が出てきます。給紙ローラーの摩擦力が落ちる原因は、長くコピー機を使うことで給紙ローラーにコピー用紙の紙粉が付着して起こる摩擦力の低下です。消毒用アルコールや窓ふき用のガラスクリーナーを使って、紙粉がきれいに除去されるまで掃除をすると摩擦力を取り戻すことができます。コピー機の修理について迷ったら、業者へ依頼して見てもらうことをお勧めいたします。

コピー機故障内容

【コピー機】
コピー機は多くの会社で使われることはもちろん、現在では家庭用のコピー機が普及しており、ご家庭にコピー機がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのコピー機は色々なことができます。コピーも白黒とカラー、コピー用紙のサイズ変更、製本することのできるものや、パンチ穴を消す機能を備えているものもあります。また、コピー機にはFAX機能が付いているものも多く、電話をすることや、アドレス帳機能も付いていたりと、その利用価値は高く、多くの会社で使われることになる要因であると思います。
【電源が勝手に落ちる】
コピー機は毎日必ず使わなければ仕事にならないという会社も多いと思うのですが、多用しているうちに故障してしまう事もあります。故障にはどのようなものがあるのでしょうか。
勝手にコピー機の電源が落ちてしまう。ということが、良くあることだと思います。もし、電源が勝手に落ちる場合には電圧を見てみましょう。コピー機は大きな機械なので、電圧のしっかりした環境でお使いいただくのがベストです。
電圧が足りなくて、電源が勝手に落ちてしまうこともよくあることです。なので、延長コードなどはなるべく使用せず、壁コンセントから直接電源ととることをオススメします。
【紙詰まり】
コピー機の故障内容として、もうひとつ挙げられるのが紙詰まりです。最初のうちはスムーズにコピーできていたのに、今では・・!なんてこともあるはず、その原因のひとつは、給紙トレイに異物が混入している場合です。もしも、ごみなどが有った場合コピー機が正常に作動するのは難しいでしょう。もうひとつは、コピー機対応用紙以外の用紙を使用している場合です。特殊コーティングしてある用紙を使ったりすると、紙を詰まらせることになりますので、気をつけましょう。コピー機は高いものですし、よく使うものなので、日頃から注意しながら使っていく必要があるでしょう。

修理日や料金を確認しましょう

まだまだ活躍しています
書籍や書類など様々な情報がデジタルデータ化されていますが、まだまだ紙媒体も活躍しています。そして、会社の会議用に同じ書類が何枚も必要となれば、コピー機が必要不可欠となります。コピーをしようとした時「あれ?紙が出てこない」「インクがかすれてしまっている」といったトラブルに陥ったことはありませんでしょうか。ただのインク切れの場合もありますし、故障していてコピー機の修理が必要な場合もあります。コピー機がおかしいと感じたら、まずは冷静にコピー機の状態を確認して、必要に応じてコピー機の修理をするようにしましょう。

業者によく確認しましょう
コピー機に不具合が生じたら、コピー機の修理を業者に依頼することになると思います。会社でコピー機を使用する場合、すぐに使えるようにならないと困るという時が多いでしょう。業者にコピー機の修理を依頼する時は、すぐに対応してもらえるのか、そうでなければいつコピー機の修理に来てくれるのかを聞いて明確にしておきましょう。また、追加料金が発生して揉めないためにも、コピー機の修理費以外に出張費がかかるのか、技術料がかかるのかなども確認しておくといいです。

異変を感じたら
コピー機の修理は早いほうが、コピー機を長く使用することができ、コピー機の修理にかかる費用も抑えることができるので長い目で見れば、大幅に節約できる場合があります。いつもとは違う音がする、なぜか印刷面が汚れてしまうなど些細な不調でも、コピー機の修理を行っている業者に相談してみることをおすすめいたします。コピー機の修理を行っている業者の多くは、定期的なメンテナンスにも対応してくれるので、利用してみるのもいいでしょう。

故障しないように知っておくこと

今ではどこのオフィスにもあるであろうコピー機ですが、ただ使っているだけでも壊れることがあります。コピー機が故障してしまった場合は、当然修理が必要になってくるのですが、コピー機を修理に出している間はコピー機が使えなくなってしまうので、そうなってしまわないように、コピー機が壊れる原因について事前にいくつか知っておきましょう。

【まずは説明書を読みましょう】
故障の原因には様々な要因が考えられますが、故障原因を作る人の多くはこれをしない人が多いです。確かに最近のコピー機は使いやすいようにはなっていますが、説明書を読まずに使えば壊れてしまうのは当然です。正しい手順でなかったり、説明書にやってはいけないと書いてあるのに、説明書を読んでいない為にやってはいけない事をやってしまう、そんな人が大勢います。どんなものでもそうですが、まずは説明書を読むクセをつけましょう。

【水は弱点です】
電子機器全てに言えることですが、水が掛かるとショートするおそれがあるので、ジュースやコーヒーを飲みながらコピーしたりなどはやめましょう。近くに置いておくのも避けたほうがいいですね。また湿気が多い場所でもトラブルの原因になるので避けましょう。

【振動も弱点です】
これも当たり前のような事ではありますが、出入り口の近くに置いておくと、ドアを開閉する際の振動の影響を受ける事があり、それが原因で故障になるケースもあります。もちろん直接的に蹴ってしまったり、何かをぶつけてしまった場合も故障の原因になるので、普段から落ち着いて行動しましょう。また移動させる場合なども注意が必要ですので、気をつけて運びましょう。

コピー機のトラブルについて

業務に欠かせないコピー機

紙を減らそうという運動が起こっていますが、何かと仕事では紙を使います。資料の印刷であったり、書類の印刷であったりとなかなか減ることはありません。どの仕事場でもコピー機は欠かせないものとなっています。そのためにコピー機に不調が起きてしまったら、すぐにでもコピー機の修理を頼みたいものです。そうでなければ仕事ができないのですから。

精密機械であるコピー機

コピー機は精密機械です。また電力を使うので、何か問題が発生した時に知識のない人がコピー機の修理をしようと故障の原因を探るために分解をしてしまうのは危ないので止めましょう。細かい部品などは取り扱いに注意しないといけませんし、印刷物のデータの信号を紙の上の画像に変換する感光体に素人が触れてしまうとコピー機の修理どころの問題ではなくなってしまいます。印刷ができなくなってしまうかもしれません。コピー機を修理しようとして壊してしまってはどうしようもありません。

知識のある業者に任せましょう

紙詰まり程度でしたら、内部の機械の不調でなければ自分たちでコピー機の修理をすることができます。紙が折れていないか、ローラーは汚れていないかくらいの確認であれば機械の修理をしないので知識がなくても大丈夫です。これ以上のトラブルが発生した際には、コピー機の修理はやはり業者に依頼した方が早く済むと思われます。コピー機が修理されないと仕事が進まない職場が多いので、なるべく早めにコピー機を修理して仕事を効率的に進めましょう。

純正品を使いましょう

コピー機の消耗品
コピー機のトナーやドラムは消耗品のため、使っていると、交換しなければいけなくなりますよね。基本的には、コピー機のトナーやドラムの交換が必要になった場合、メーカーや販売店などに、換えのトナーやドラムを注文しますよね。しかし、最近では、メーカーではない、ほかの会社から、互換品として、トナーやドラムが販売されています。互換品は価格が安く、魅力的に見えますが、コピー機の修理の際にコピー機修理の保証対象外になるなど、デメリットがあるのをご存知でしょうか。
互換品について
互換品は、コピー機メーカーではなく、別のメーカーで生産されているもので、純正品と同じようにコピー機に装着して使える上に、低価格のため、導入する企業が増えているといわれています。しかし、互換品には色々なデメリットがあり、トナーの場合は、印刷の品質が純正より落ちたり、残量表示が表示されないなどのデメリットがあります。そして、最大のデメリットは、コピー機の修理を依頼した場合、互換品を使うと、コピー機の修理の保証対象外となってしまうことがあるということです。
純正品を使いましょう
コピー機の消耗品は、純正品を使うことをおすすめします。純正品ならば、コピー機メーカーが生産しているものなので信頼できますし、コピー機を修理することになった場合、コピー機修理の保証対象になるので安心できますよね。互換品を使っていて、コピー機が壊れてしまっい、コピー機の修理を依頼した場合、コピー機修理の保証外になって修理に高額な費用が発生するおそれがあります。仮にコピー機の修理が困難で、買い直しになった場合、大きな費用が発生してしまいますよね。コピー機の修理のことも考えると、互換品ではなく、純正品を使うことをおすすめします。

長く使うことによって壊れる?

オフィスに欠かせないコピー機
オフィスにはコピー機が欠かせませんよね。オフィスでは、コピー機を毎日動かして、たくさんの書類をコピーし続けているわけですが、そんなコピー機も突然故障してしまうことがあります。一度コピー機を導入したら、長く使いたいもので、長期間、同じコピー機を毎日使っていると、それが故障の原因となってしまうこともあります。コピー機が壊れたら、困りますし、コピー機を修理するのは難しいです。
コピー機の故障
故障の例として、印字ができない・紙が詰まってしまう・印刷したら線が入るということがありますが、故障の原因は、長く使うことによって部品が消耗・寿命を迎えたことによる場合があります。部品が消耗からの不具合の場合、コピー機の修理を行うならば、消耗した部品を交換することが必要ですね。
コピー機の修理
コピー機に異常が起きた場合、コピー機の修理は、コピー機修理の専門業者に依頼するのが良いでしょう。自分でなんとかしようと思っても、コピー機の修理は難しいもので、下手に触ってしまうと、余計な故障の原因となることもあります。コピー機修理の専門業者では、コピー機の修理のほか、コピー機のメンテナンスを請け負ってもらえることもあり、日頃から故障に備え、もし故障してしまった場合は、コピー機を修理してもらうことができます。コピー機の故障を防ぐには、コピー機を複数台設置するなど、過度な不可をコピー機にかけないようにすることが重要ではないでしょうか。それでも故障はさけられないので、その場合はコピー機の修理が必要ですね。

自分でコピー機を修理?

コピー機を修理するのは難しい

コピー機には様々なな種類がありますが、どんな良いものを使っても、いずれ寿命を迎えてしまうものです。ちょっとした異常があった時に、コピー機を修理しなくてはならないのですが、そんな時に自分でコピー機を修理するという人がいます。自分でコピー機を修理することも可能ではありますが、専門の道具を揃えたり、丁寧に手入れをしなくてはならないことから、安易にコピー機の修理だからといって中身を開けたりしてはいけません。場合によってはゴミが移ったりと余計に大変なことになってしまうケースもあるのです。

コピー機の修理に必要なもの

まず柔らかい布が必要になります。それもそのはず、コピー機は精密な部品が沢山あり、柔らかい布でないと拭いた時に傷が出来てしまう可能性があるのです。アルコールスプレーなども良いですが、機械に取り付けるのではなく、布などに一度吹きかけて確認してからにしたほうが良いでしょう。間違った手入れの方法をすると、コピー機を修理しなくてはならなくなります。他にもコピー機の修理にはドライバーなどの工具が必要になります。しかしここまでのものになると、コピー機の修理を自分で開けて行なうことは難しくなってきますので、コピー機修理プロに任せた方が良いでしょう。

綺麗に使うために

コピー機はたまに点検をしてもらいましょう。
コピー機の調子が悪いなと感じたら、まずはコピー機修理業業者さんに来てもらいましょう。

業務の流れを悪くします

多くの企業

多くの企業はコピー機をオフィス内に導入されています。なので、オフィス内で仕事をしていると、室内にコピー機の音が聞こえてくると思います。ご存知のように、コピー機はコピーを取る為の機器になります。コピー機がないだけで業務の流れを著しく悪くしてしまうので、今後もコピー機に対する需要が減ることはないと予想されます。ただ、そんなコピー機も故障してしまうことがあるので、「故障かな?」と思った時は、早め早めに専門業者にコピー機修理をお願いされることをオススメいたします。

コピー機は精密に出来ている

コピー機が故障してしまうと、当然ながらコピー機をそのまま使うことは出来ません。中には、「なんとかいじれば直るかも」と思ってコピー機の内部をいじる方もいらっしゃるかもしれませんが、コピー機は精密で出来ているので、一般の方で直すというのはなかなか難しいことになります。

早めに修理依頼を

用紙が中で詰まってしまったというちょっとしたトラブルであれば、用紙を取り出すことですぐにまた使うことは出来るでしょうが、完全なる故障となると、そうは問屋が卸さないということになってしまいます。それに、いつまでもいじってばかりいると、他の社員の人達がイライラしてしまうことも考えられます。こういうケースも考えられるので、早めに専門業者にコピー機修理をお願いしましょうということなのです。コピー機修理はインターネットで申し込むことは出来るので、是非インターネットを活用して修理を依頼されてはいかがでしょうか?

コピー機修理は早い方が良いでしょう

汚れた印刷紙

コピー機は企業にとって無くてはならないもの。ですので、そんなコピー機が故障してしまうと、大変困ってしまうと思います。
また、故障まではいかなくても、調子が悪いことがある場合も多いのではないでしょうか?
例えば、紙についた小さな黒点。印刷する前はついてなかったのに、コピー機で印刷した後、小さな黒点がたくさんついていたなんてことは珍しくありません。社内でのミーティングで使う印刷紙ならまだしも、取引先で必要な場合そうはいかないですよね? 相手がこちらに対して悪い印象を持ってしまいますから。スキャンした印刷紙をペイントの消しゴムで消すのと同じことが出来ればいいのですが、そういうわけにはいかないので、困ったものです。こういったことも、コピー機修理の専門業者に依頼した方が良いと思います。

コピー機の故障は色々

ちなみに、コピー機が故障する原因は色々あります。中には自分で直すことが出来る場合もありますが、どうしても直しようがない場合もあるのではないでしょうか? そうなった時は、長い時間掛けて自分で直そうとするよりも、専門業者にコピー機修理をお願いした方が、ムダな時間を減らすことが出来ると思います。

よく選びましょう

せっかく壊れたコピー機の修理をお願いしたのですから、専門業者にはしっかりとコピー機を直してもらう方がいいに決まってますよね。でも、専門業者にコピー機修理をお願いする時は一社だけではなく、複数の専門業者にお願いされた方が、コピー機が直る確率は高くなると思います。