コピー機を修理しないといけない場合

印字ができない

コピー機の修理が必要になる故障の種類は様々ですが、コピー機修理の必要性が特に高いのが、印字が出来ないというものです。
コピー機の修理が必要になる、印字ができない場合ですが、これには何通りかの原因が考えられます。
まず、トナーを紙に定着させることで色を付けますが、ドラムはそのためのトナーを記録紙に押し付けるために使われます。
ドラムユニットという、そのコピー機で必要なドラムが一纏めに鳴ったドラムユニットとして販売されることが多いのですが、このドラムは使用するごとに摩耗していくものですので、定期的にドラムユニットの交換を行います、コピー機修理の際にドラムユニットを見てもらって、ドラムユニットの交換をしてもらうのがオススメです。

紙が詰まる

コピー機の中で紙詰まりが起きる場合には、いくつかの可能性が考えられます。
コピー機にセットした紙が湿っていると、紙が数枚纏めて送られたりして紙が詰まる場合もありますし、場合によっては途中で詰まることもありえます。
この場合はコピー機の修理ではなく、紙自体の交換が必要になります。しかし、紙が乾燥しているにもかかわらず何度も紙が詰まる場合は、コピー機の修理が必要です。その際は、給紙ローラーなどの交換が必要です。

コピー機の修理ではこれら2つのトラブルが多いようですが、この他にコピー機の修理が必要になるものとして、スキャナユニットの故障があり、これもコピー機修理の際に修理されます。

とあるメーカーに対応しているか

毎日使われるコピー機

どこの企業にも設置されているのがコピー機。資料用や説明会用のためにたくさんの紙が必要になってきますので、コピー機は企業にとってなくてはならないものといえます。ですので、一日に何百枚も紙を印刷するなんてのは日常茶飯事です。そんなコピー機ですが、やはり精密にできている機械だけあって、故障しやすいという難点もあります。もちろん、使う人がどのようにコピー機を扱っているかで、故障の確率は違ってくると思いますが、やっぱりどうしても故障してしまうのがコピー機というものです。

コピー機は修理に出しましょう!

コピー機が使えなくなってしまうのは企業にとって大打撃といっても過言ではありません。ですので、早め早めに専門業者にコピー機を修理してもらうのが大事になってきます。コピー機の修理に対応した業者は日本各地にたくさんいますので、インターネットでお調べになって、優良と思われる専門業者を見つけましょう。

とあるメーカーに対応した業者か

しかし、いくら優良な専門業者でも、業者によってとあるメーカーとこのメーカーが対応できる、対応できないということが出てきます。コピー機の有名なメーカーと言えばシャープ、キャノン、リコーなどがありますが、全てのメーカーに対応しているとは限りません。修理にあたっての必要な部品があるか、技術力があるかで対応できるコピー機というのは違ってくるのです。今後専門業者をお探しになる際は、その点もよく確認するように注意しましょう。

スマホ連動のコピー機も登場

仕事にはコピー機が必須
オフィス業務ではコピー機は欠かせませんね。これだけデジタル化が進んで、何でもパソコンだけで出来るようになっても、コピー機が無いと大変不便さを感じます。最近は大勢で会議する時に、テレビ画面やスクリーンで写し出したりして、資料を供給する場合もありますが、やはり手元に紙の資料があると全体を把握し易いですし、思い付きや注意点を書き込みすることも可能です。また後で見直すことも出来るので、間違いに気付くことも出来ます。このように資料を紙で用意するメリットがありますので、大量の資料を複写印刷するコピー機はまだまだ無くなることはないでしょう。

進化するコピー機
FAXが出来たり、スキャニングが出来たり、というのはもはやコピー機では標準的な機能になってきました。昔は出来なかったことが今のコピー機に出来てるということは、これからも考えもしない機能が付いて、どんどんコピー機が進化することが考えられます。まだ多く普及はしていないようですが、今や誰もが持っているスマートフォンやタブレットと連動して動くコピー機も登場しているようです。

コピー機の修理はお早めに
大きな会社であればコピー機が何台もあって、仮に1台に不具合があっても緊急を要することはないでしょう。しかし1台しかない会社で不具合があれば、業務に大きく支障を及ぼすことも考えられます。先ほど挙げたようにコピー機には沢山の機能があるため、1台が故障することによってそれらの機能が使えないことになります。下手をすれば業務がストップしてしまいますね。こうならないためにも日頃から修理、メンテナンスを定期的に行っておくことが大事です。

純正パーツを使いましょう

コピー機に使用されるトナーやドラムは、普通に購入するとかなりの金額が掛かるため、特にドラムについてはギリギリまで交換していない方は多いと思います。
また、純正品以外の互換品を使う方も多いでしょう。互換品の最大の特徴はその値段の安さですが、純正品と異なり、本来使わないはずのものなので本体側が認識しなかったり、印刷の結果があまり綺麗ではないという場合もあるようなので、安易に使うのは危険です。さらに言えば、もしそれによって故障が発生した場合、保証期間中であっても保証が効かなかったり、あるいは修理自体を断られる事があります。

特にトラブルが多いのが互換トナーです。互換トナーは純正トナーの空容器などに、トナーを充填しなおして使用しているものです。
最近のコピー機の多くはICチップなどを使ってトナー残量の計測を行っていますが、互換トナーではこの機能が働かないものもあります。また、場合によってはトナーが認識されず、コピー機時代が稼働しないこともあります。

純正品を使わないことによる被害はかなりのものです。もし保証が聞かなければ高額な修理費用を出さなければいけませんし、アフターサービスを行っている業者では修理できない場合、工場差し戻しなどの大規模な修理が必要になることもあります。また、そもそも修理自体が不可能な被害が出ている場合は、高額なコピー機を買いなおさなければならなず、業務の大きな支障となりますので、純正品以外のものは使わずに、きちんとした管理を行いましょう。

長く使い続けるほどコピー機は故障しやすいというものです

いつでも必要とされるコピー機

普段お仕事をされている方ならご存知ですが、コピー機は時間に問わず必要とされる機械です。この機械があるかないかだけで、業務に大きな支障を起こしてしまうというものでしょう。少々表現が大げさかもしれませんが、それだけ、コピー機は欠かせないというものなのです。

使い続けると故障することも

さて、コピー機は一度導入すれば、長くそのコピー機を使い続けると思います。コピー機は精密機械なので、そう何度も違うコピー機に替えるということはされないと思います。でも、コピー機も長く使い続ければ、そのうち不良箇所が起きて故障に見舞われてしまいます。精密機械なので、それだけ故障しやすいというものなのです。例えば、ほんのちょっと衝撃を与えただけで故障してしまうことも充分にありえます。

お早めにコピー機の修理を

もし、お仕事でお使いのコピー機が壊れてしまったら、早いうちに専門業者までご相談されることをオススメいたします。専門業者はコピー機の修理に関してはプロフェッショナルです。プロ中のプロなので、安心して修理をお任せできるというものなので、早いうちのご相談が良いということなのです。中にはご自分でコピー機の修理を試みられる方もいらっしゃると思いますが、やはり、一般の方が修理されるのとプロの方が修理されるのとでは違ってきます。これは、何も皆さんの能力が低いからというわけではありません。人それぞれ得意分野は違ってくるもの。プロの業者に修理をお任せした方が安心なのです。

コピー機は働き者です

無くならないコピー機
パソコンやネットワーク環境が普及して、今まで紙などに出力して行っていたことも、随分デジタル化されるようになってきました。しかし、例えば資料などをチェックする時に、モニター画面のみで行っていると、全体像が掴めずについ見落としをすることがあります。また、大勢で会議や打ち合わせを行なう時に、モニター画面のみで行っていると、適所部分での書き込みが出来なかったり、見逃した所を後で見直すということ出来なかったり、不便です。こうした時には、やはり紙に出力して、「書類」を手にすることがとても有効なのです。そのため、デジタル化が進んだ現在も「コピー機」が大活躍しているのです。

コピー機は働き者
コピーはご存知の通り、原稿やデータを読み込んで、セットした紙をロールしてインクを刷り込み、複製を作るものです。複製は1枚だけではありません。時には何百枚、何千枚もの複製を作成します。ひたすらコピーする姿に思わず健気さを感じたりもします。また、最近は原稿も複雑化しています。文字が大小入り混じっていたり、色の濃淡、グラデーションがあったり、グラフや写真があったり、より精巧な複製性能を求められています。またスキャンという形で、紙原稿をデータ化することもあります。このように、コピー機はあらゆる需要に応えるべく、毎日稼働し、機能も日々進化しています。

定期的なメンテナンスを
そんな働き者のコピー機ですので、故障や不具合はよくあることです。おかしいなと思ったらすぐに修理しましょう。早めの修理が長持ちさせるには重要です。また故障だけでなく、インクトナーやドラムの交換、転写部の掃除など、コピー機のメンテナンスは定期的に必要な作業です。メンテンナンスは修理と併せて行ってくれる業者もあるようですので、一度確認をしてみましょう。

コピー機の消耗品について

様々な消耗品

コピー機には様々な消耗品が使用されています。日々の業務の間に減っていくので、随時交換、補充が必要です。
コピー機に使われている消耗品の代表例が、コピー用紙ですが、実はこれが原因でコピー機の修理が必要になる場合もあります。
コピー用紙が原因のコピー機修理は、主に紙詰まりが多いです。
紙詰まりは、印刷時にコピー用紙がローラーなどの間に噛んでしまい、正常に給紙されない場合に発生します。
この場合は、コピー機の修理を行い、詰った紙を取り除くことが必要です。

トナーのトラブル

コピー機に使われている消耗品の代表的なものとして、紙と他にもう一つ、トナーがあります。
トナーは静電気により用紙に色を付け、文字を印字したり画像を印刷するのに必要不可欠なものです。
しかし、これらトナーによるコピー機修理が発生することがあります。
特に、純正品以外の再生トナーなどを利用している時に発生しやすいトラブルで、印字の文字がかすれたり、
カラーコピーの場合は正常な色が出てこなかったりする場合がありますが、これらは純正品のトナー以外
を使用した場合に起こりやすいようです。
コピー機の修理では、これらの再生トナーなどを取り除き、ドラムなどを交換することで、元の通りにコピーを
行えるようにするものです。

コピー機修理は専門業者に

突然コピー機の修理が必要になると、業務がストップしてしまったりして大変困ります。
だからといって、自分でコピー機を分解して、コピー機の修理を行うのは大変危険です。
コピー機の内部には高圧電流が流れている場所もありますし、機械部分の調整が細かく行われている場合は、
下手にいじると使用することができなくなる場合もあります。
コピー機の修理が必要になった場合は、早めに専門業者へ連絡するのが確実です。

カメラやコピー機の修理などにも対応しています

キャノン

キャノンは、1937年に設立された企業で、多くのコピー機、複合機などを製造しております。テレビCMでは、CMイメージキャラクターとして、俳優さんや女優さんを「コミュニケーションパートナー」として起用していますので、目にした方は多いのではないでしょうか。キャノンは自社とお客様を良好的な関係として考えておりますので、「コミュニケーションパートナー」という言葉を使っているのです。もちろん、カメラやコピー機の修理などにも対応しています。ホームページでは修理に対応した商品が表示されており、その中から選んでいただくと、修理内容の詳細を見ることができます。

かんたんにコピー機修理依頼ができる

キャノンのホームページでは、安心してコピー機の修理をお願いすることができます。たとえば、「らくらく修理便」というものがあります。これは、電話をしたお客様の元へ直接スタッフがお伺いをし、壊れたコピー機を引き取ってくれます。コピー機修理をお願いするとき、梱包用の箱を用意する必要はありません。スタッフの方でちゃんと梱包用の箱を用意してくれています。エリアによって異なりますが、引き取った翌日の早朝にはコピー機を修理工場に持参して、その日のうちにコピー機を修理してくれるので、最短でお客様の元に修理したコピー機をお届けすることができます。また、事前にお届け日を指定することもできます。

コピー機修理をスピーディーに

引き取った翌日にコピー機を修理してくれるので、スタッフのコピー機修理の技術力は目覚しいものがあります。キャノンは正確さとスピーディな修理をしてくれます。工場ではスタッフ同士連携をとっているので、コピー機修理を的確に行っているのです。おかげで、コピー機修理をキャノンにお願いする方は多いです。コピー機修理のお願いに不安を持っていても、コピー機修理に関するご質問は真摯に応えてくれるので、信頼度は高いです。