コピー機はこまめに修理して大きなトラブルを防ぐ

コピー機修理の大切さ

事務所やオフィスでは欠かせない存在となっているコピー機が故障してしまうと、いろいろな業務がストップしてしまうので、大変な事になります。
そのため、素早くコピー機修理を行うのですが、大きなトラブルが起きた時には、すぐにコピー機修理ができないこともあります。
そのような状態を防ぐためにも、ちょっとした不具合でも放置せずにコピー機修理をしておきましょう。
また、こまめにコピー機修理をしていれば、大きなトラブルの予兆を発見できることもあることから、コピー機修理にはコピー機の状態をチェックするという意味も含まれると言えるでしょう。

コピー機修理は誰がする

コピー機の不具合にも色々な症状がみられますので、起きた不具合によっては自分でコピー機修理ができることもあるでしょう。しかし、なんでも自分で直そうとするのはあまりおすすめできません。
何が起こっているかも理解せずコピー機修理に手を出してしまえば、かえって状況が悪化してしまうこともあるからです。
自分でコピー機修理をするのなら、過去に経験あるものや、間違いなく直すことができる自信があるものだけに押さえておくと良いでしょう。
自分で直せないと判断したコピー機修理については、コピー機修理を扱っているプロに依頼るようにしましょう。

その他OA機器も

コピー機以外にも、複合機やプリンターなど会社には欠かせないOA機器はたくさん存在しますので、コピー機修理以外にも、不具合のあるOA機器については早めに修理しておくのがおすすめです。
その修理についても、コピー機修理と同様になんでも自分でやろうとはせず、時には修理のプロの力を借りることも視野にいれておきましょう。
プロにコピー機やOA機器の見せることで、自分で気づくことができないトラブルについても発見できることがあります。

故障前と故障後

・定期的に使う
主に家庭用コピー機ははインクジェットと呼ばれる種類になり、ヘッドと呼ばれる部分からインクを吹き付けて定着させる方式です。そしてインクは一度セットすると、インクカセットの口が開いたままの状態になるため、使わない状態が続くとインクが固まってしまい目詰まりを起こすことがあります。使っている方が消耗していくイメージがありますが、コピー機に関しては使わないほうが寿命が縮まってしまうのです。購入してすぐにコピー機を修理なんてことにならないように、最低でも1ヶ月に2回は使うようにしましょう。

・ヘッドクリーニング
1ヶ月に2回というと、大したことないように思えますが、年賀状を作るときなど本当に一時的にしか使わない人にとっては難しいことかもしれません。しかし、普段コピー機を使わなくても、定期的にヘッドクリーニングを掛けることで目詰まりのリスクを軽減し、コピー機を修理する事態をさけることにつながります。ヘッドクリーニングとは文字通りヘッドをクリーニングすることです。とはいっても、物理的にヘッドを外して洗うのではなく、コピー機の元々の機能としてあるのです。種類によってはパソコンから操作するものもありますが、液晶がついているコピー機であれば、パソコンを使わずに操作できます。

・それでも故障したら
いくら気をつけていても、故障してしまうことはあります。ヘッドクリーニングをしても目詰まりが解消されない場合は、コピー機を修理に出すしかありません。しかし、家庭用のコピー機は修理するよりも買った方が安いこともあります。機種や性能にもよりますが、何年も使っているコピー機を修理するというのであれば購入したほうが良いかもしれません。

印刷が綺麗にできないときにチェックするポイント

原稿が汚れていませんか?

意外と多いのが原稿自体の汚れが読み取られている場合です。原稿を見たときには大して目立たない汚れでも、コピーする際のスキャンでは暗い影のように写り込んでしまうことがあり、結果として印刷した紙にそれが筋のように入る場合があるようです。
両面印刷の原稿の場合、裏面の文字や図面が表側にスケて見えていると、印刷したものが汚れているように見えることもあります。

コピー機自体が汚れていませんか?

コピー機のスキャナー部分などが汚れていると、原稿は綺麗でも、その汚れが読み取られてしまい、結果として印刷物の汚れに繋がります。
スキャナー部分のガラスなどは定期的に綺麗に拭き掃除をしておくことが重要です。また、クリップや付箋など、原稿についていたものがスキャナー部分に残ってしまい、それが写り込んでいることも考えられますので、コピー時は前もってスキャナー部分にそういったものが残っていないかをチェックしておくのがおすすめです。

ドラムなどが汚れていませんか?
コピー機の中、特にレーザープリンタータイプをご利用の際は、ドラムと呼ばれる部品があるのですが、これが汚れていると、印刷時の汚れに繋がります。ただし、ドラム有ニットは基本的に交換を行なうものですから、拭き掃除などを行なうと印字不良、故障の原因になります。
ドラムについては寿命が決められているので、コピー物に汚れが目立ち始めたら、ドラムの交換を依頼するのがおすすめです。

しかし、これ以外が原因の印刷不良も考えられますので、その際はコピー機の修理をメーカーや専門業者にご相談されるのがおすすめです。

使い古したコピー機にご用心

大切なコピー機を守る!
現代はパソコンやスマートフォンなどが普及し、膨大な書籍や資料をデジタルデータにして持ち歩くようになりました。そのような現代でも、まだまだ紙の資料は大きな割合を占めています。それだけに、今でも一般住宅からオフィスまで幅広い場所でコピー機が利用されています。しかし、使用していればどうしてもコピー機の修理は必要になります。いざという時に困らないよう、コピー機の修理には備えておきましょう。

コピー機の寿命とは?
コピー機の修理に備えるには、コピー機の寿命を知ると良いでしょう。コピー機の寿命の指標となるのが「耐用年数」と「コピー枚数」です。環境にもよりますが、耐用年数は5年、コピー枚数は300万枚が目安になっています。使用頻度が高ければ早く傷みますし、仮に全く使用しなかったとしても内部の部品は劣化していきます。そうなりましたら、コピー機の修理か買い替えが必要になります。

コピー機の修理に備える
当たり前ですが、コピー機の修理は有料ですし、その間コピー機を使用することもできません。コピー機修理の前に、まずはトラブルを起こさないように気を付けましょう。コピー機のトラブルとして最も多いのが、紙詰まりです。コピー機を使用する際は指定された用紙を用い、異物などが混入しないようにしましょう。コピー機は繊細なので、ちょっとしたゴミが紙詰まりを引き起こす恐れがあります。また、コピー機修理の際は保守契約を結んでおくとスムーズでしょう。「カウンター方式」「トナー方式」などがあり、使用環境に合わせて契約を結ぶようにしましょう。コピー機の修理は時間が掛かりがちですし、その費用も安くはありません。コピー機の修理について事前に考えておくことによって、その被害を最小限に抑えられることでしょう。

純正インクと互換インク

互換インクとは
大量のコピーを必要とする際、どうしても気になるのがインク代ではないでしょうか。家庭用にしろ業務用にしろ、コピー機の節約できる部分は節約したいものですよね。そのための選択肢として、「互換インク」を使用している方も多いことと思います。互換インクとは、プリンターメーカーが作った物ではない、非純正のオリジナルインクのことを言います。互換インクでは「品質は大丈夫なの?」と疑問に思う方もいると思いますが、それらもまた厳しい品質チェックの末に世に出されるため、高品質の物なら純正インクと遜色のない物になっています。しかし、注意しなければコピー機の修理が必要になるかもしれません。

互換インクのメリットとデメリット
互換インクの最大のメリットが、その価格の安さでしょう。大量にコピーする際はもちろん、コピー機のヘッドクリーニングも気軽に行うことができます。長期的にコピー機を使用するほど、このメリットは大きなものになるでしょう。しかし、やはりデメリットも存在します。基本的に、互換インクによってトラブルが発生した場合、コピー機修理においてメーカーの保障を受けられなくなります。最悪の場合、互換インクにしてすぐに故障し、保障も受けられず業務もストップしてしまうという事態になりかねません。また、互換インクメーカー同士を併用した場合、コピー機トラブルのリスクを高めることになりかねません。品質もメーカーによってまちまちであり、信頼性の低いインクを購入してしまうと目も当てられません。

コピー機修理を避けるために
品質が高く、万が一のコピー機修理の保障も行ってくれる純正インク。低価格だが、コピー機トラブルのリスクが高い互換インク。どちらを取るのかは各々の判断に任されますが、どちらにしてもコピー機修理の業者を知っておくことは重要でしょう。近年は複雑な構造を持つコピー機もあり、その修理が簡単に行えないケースもあります。特に業務用の場合、一刻も早くコピー機を修理しなければ業務に支障が出ることでしょう。トラブルによるダメージを最小限にするためにも、最悪のケースを想定してコピー機修理の準備を整えましょう。

コピー機に起こるトラブルについて

○最も多いコピー機の故障の原因と対策
コピー機はオフィスだけでなく家庭でも使われる非常に便利な周辺機器ですよね。コピー機能だけでなくスキャン機能やファクシミリ機能なども持ち合わせた複合機もあり、一家に一台あれば大抵のことは片付いてしまう優れものです。ですが、コピー機は当然故障するもの。買ってすぐにコピー機が故障したなんてことを避けるために原因と対策をご紹介します。
最も多いともいえるコピー機の故障原因は紙詰まりです。紙詰まり程度でと思うかもしれませんが、なんでも些細なことをきっかけに破綻してしまうことは多いですよね。同様に紙詰まり程度の些細なことでコピー機も故障してしまうのです。というのも、紙詰まりを適切な方法で対処していないからです。紙詰まりを対処するときのポイントを紹介しますが、その前に紙詰まりを自分で直すのは自己責任のため、難しいと感じた時点ですぐに業者に対処してもらってくださいね。紙詰まりの対処はとにかく優しくすること!詰まる場所によっては簡単に取り出せそうに見えますが、強く引っ張る行為は厳禁です。強く引っ張り紙が破れるとさらに詰まることになります。コピー機は精密機械であることを忘れずに焦る気持ちを抑えて、優しく丁寧すぎるくらいに扱いましょう。

○コピー機の故障ではないトラブル
コピー機に関するトラブルではコピー機の故障でない場合もあります。使い方によってはパソコンに接続して、パソコンに表示されているものを印刷するでしょうが、その際パソコンが認識されない時があります。そういったときにはまず接続に使っている線を見てみましょう。きちんと繋がっていますか、断線は起こしていませんか。これらが起きている場合はしっかりと繋げる、線を変えることで解決するでしょう。パソコンやコピー機の故障は、慌てずに原因を突き止めて対処をするのが適切な扱い方です。

○コピー機の故障を個人で解決できない場合は無理しない
紙詰まり、インク切れ、断線など、数あるコピー機のトラブルは自分で対処すると自己責任のものがほとんど、無理やりに解決して後々コピー機が故障してしまってからではなんの保障もないのです。修理ではどうにもならずに、買い替えが必要になることにもなりかねません。わからないことを調べて解決するのも大切なことですが、難しいものは素直に業者に頼ってしまう方がリスクは低くなります。

コピー機修理で多い紙詰まりの悩み

○コピー機修理で多い紙詰まり
コピー機を使っていて厄介なのが紙詰まりです。何度も印刷する手間が増えてしまい、時間も浪費してしまいます。紙詰まりがあまりにも頻発する場合にはコピー機を修理する必要があります。紙詰まりには原因があります。まずコピー機が結露する環境だと紙詰まりを起こしやすくなります。紙は湿気を帯びてしまうと紙同士がくっつきやすくなってしまいます。特に冬は朝一番にヒーターやエアコンなどで暖房のスイッチを入れて急に部屋が暖められると結露が発生しやすくなります。紙を入れているカセットの内部で結露が発生してしまうと、中の紙が湿って紙詰まりしやすくなります。結露はコピー機を修理に出す原因にもなります。冬は部屋が十分に暖まってから利用すれば紙詰まりを防ぎコピー機を修理せず使うことができます。

○コピー機修理が多くなる時期
梅雨の時期はどうしても雨が多くなり紙に湿気がたまりやすくなります。紙が詰まり、コピー機の修理について考える前にできる予防策があります。用紙を入れるカセットの開いているスペースに乾燥材やシリカゲルなどを忍ばせると湿気防止になります。乾燥剤はお菓子や食品に入っていますので、再利用することで活用できます。

○コピー機を修理するまえにできること
紙詰まりの原因は湿気の他に、コピー機の給紙ローラーの摩擦力低下があります。ローラーが紙を送り出せなくなると、グシャっとコピー機の奥で詰まりコピー機を修理に出す必要が出てきます。給紙ローラーの摩擦力が落ちる原因は、長くコピー機を使うことで給紙ローラーにコピー用紙の紙粉が付着して起こる摩擦力の低下です。消毒用アルコールや窓ふき用のガラスクリーナーを使って、紙粉がきれいに除去されるまで掃除をすると摩擦力を取り戻すことができます。コピー機の修理について迷ったら、業者へ依頼して見てもらうことをお勧めいたします。

コピー機故障内容

【コピー機】
コピー機は多くの会社で使われることはもちろん、現在では家庭用のコピー機が普及しており、ご家庭にコピー機がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのコピー機は色々なことができます。コピーも白黒とカラー、コピー用紙のサイズ変更、製本することのできるものや、パンチ穴を消す機能を備えているものもあります。また、コピー機にはFAX機能が付いているものも多く、電話をすることや、アドレス帳機能も付いていたりと、その利用価値は高く、多くの会社で使われることになる要因であると思います。
【電源が勝手に落ちる】
コピー機は毎日必ず使わなければ仕事にならないという会社も多いと思うのですが、多用しているうちに故障してしまう事もあります。故障にはどのようなものがあるのでしょうか。
勝手にコピー機の電源が落ちてしまう。ということが、良くあることだと思います。もし、電源が勝手に落ちる場合には電圧を見てみましょう。コピー機は大きな機械なので、電圧のしっかりした環境でお使いいただくのがベストです。
電圧が足りなくて、電源が勝手に落ちてしまうこともよくあることです。なので、延長コードなどはなるべく使用せず、壁コンセントから直接電源ととることをオススメします。
【紙詰まり】
コピー機の故障内容として、もうひとつ挙げられるのが紙詰まりです。最初のうちはスムーズにコピーできていたのに、今では・・!なんてこともあるはず、その原因のひとつは、給紙トレイに異物が混入している場合です。もしも、ごみなどが有った場合コピー機が正常に作動するのは難しいでしょう。もうひとつは、コピー機対応用紙以外の用紙を使用している場合です。特殊コーティングしてある用紙を使ったりすると、紙を詰まらせることになりますので、気をつけましょう。コピー機は高いものですし、よく使うものなので、日頃から注意しながら使っていく必要があるでしょう。

修理日や料金を確認しましょう

まだまだ活躍しています
書籍や書類など様々な情報がデジタルデータ化されていますが、まだまだ紙媒体も活躍しています。そして、会社の会議用に同じ書類が何枚も必要となれば、コピー機が必要不可欠となります。コピーをしようとした時「あれ?紙が出てこない」「インクがかすれてしまっている」といったトラブルに陥ったことはありませんでしょうか。ただのインク切れの場合もありますし、故障していてコピー機の修理が必要な場合もあります。コピー機がおかしいと感じたら、まずは冷静にコピー機の状態を確認して、必要に応じてコピー機の修理をするようにしましょう。

業者によく確認しましょう
コピー機に不具合が生じたら、コピー機の修理を業者に依頼することになると思います。会社でコピー機を使用する場合、すぐに使えるようにならないと困るという時が多いでしょう。業者にコピー機の修理を依頼する時は、すぐに対応してもらえるのか、そうでなければいつコピー機の修理に来てくれるのかを聞いて明確にしておきましょう。また、追加料金が発生して揉めないためにも、コピー機の修理費以外に出張費がかかるのか、技術料がかかるのかなども確認しておくといいです。

異変を感じたら
コピー機の修理は早いほうが、コピー機を長く使用することができ、コピー機の修理にかかる費用も抑えることができるので長い目で見れば、大幅に節約できる場合があります。いつもとは違う音がする、なぜか印刷面が汚れてしまうなど些細な不調でも、コピー機の修理を行っている業者に相談してみることをおすすめいたします。コピー機の修理を行っている業者の多くは、定期的なメンテナンスにも対応してくれるので、利用してみるのもいいでしょう。

故障しないように知っておくこと

今ではどこのオフィスにもあるであろうコピー機ですが、ただ使っているだけでも壊れることがあります。コピー機が故障してしまった場合は、当然修理が必要になってくるのですが、コピー機を修理に出している間はコピー機が使えなくなってしまうので、そうなってしまわないように、コピー機が壊れる原因について事前にいくつか知っておきましょう。

【まずは説明書を読みましょう】
故障の原因には様々な要因が考えられますが、故障原因を作る人の多くはこれをしない人が多いです。確かに最近のコピー機は使いやすいようにはなっていますが、説明書を読まずに使えば壊れてしまうのは当然です。正しい手順でなかったり、説明書にやってはいけないと書いてあるのに、説明書を読んでいない為にやってはいけない事をやってしまう、そんな人が大勢います。どんなものでもそうですが、まずは説明書を読むクセをつけましょう。

【水は弱点です】
電子機器全てに言えることですが、水が掛かるとショートするおそれがあるので、ジュースやコーヒーを飲みながらコピーしたりなどはやめましょう。近くに置いておくのも避けたほうがいいですね。また湿気が多い場所でもトラブルの原因になるので避けましょう。

【振動も弱点です】
これも当たり前のような事ではありますが、出入り口の近くに置いておくと、ドアを開閉する際の振動の影響を受ける事があり、それが原因で故障になるケースもあります。もちろん直接的に蹴ってしまったり、何かをぶつけてしまった場合も故障の原因になるので、普段から落ち着いて行動しましょう。また移動させる場合なども注意が必要ですので、気をつけて運びましょう。