純正品を使いましょう

コピー機の消耗品
コピー機のトナーやドラムは消耗品のため、使っていると、交換しなければいけなくなりますよね。基本的には、コピー機のトナーやドラムの交換が必要になった場合、メーカーや販売店などに、換えのトナーやドラムを注文しますよね。しかし、最近では、メーカーではない、ほかの会社から、互換品として、トナーやドラムが販売されています。互換品は価格が安く、魅力的に見えますが、コピー機の修理の際にコピー機修理の保証対象外になるなど、デメリットがあるのをご存知でしょうか。
互換品について
互換品は、コピー機メーカーではなく、別のメーカーで生産されているもので、純正品と同じようにコピー機に装着して使える上に、低価格のため、導入する企業が増えているといわれています。しかし、互換品には色々なデメリットがあり、トナーの場合は、印刷の品質が純正より落ちたり、残量表示が表示されないなどのデメリットがあります。そして、最大のデメリットは、コピー機の修理を依頼した場合、互換品を使うと、コピー機の修理の保証対象外となってしまうことがあるということです。
純正品を使いましょう
コピー機の消耗品は、純正品を使うことをおすすめします。純正品ならば、コピー機メーカーが生産しているものなので信頼できますし、コピー機を修理することになった場合、コピー機修理の保証対象になるので安心できますよね。互換品を使っていて、コピー機が壊れてしまっい、コピー機の修理を依頼した場合、コピー機修理の保証外になって修理に高額な費用が発生するおそれがあります。仮にコピー機の修理が困難で、買い直しになった場合、大きな費用が発生してしまいますよね。コピー機の修理のことも考えると、互換品ではなく、純正品を使うことをおすすめします。

自分でコピー機を修理?

コピー機を修理するのは難しい

コピー機には様々なな種類がありますが、どんな良いものを使っても、いずれ寿命を迎えてしまうものです。ちょっとした異常があった時に、コピー機を修理しなくてはならないのですが、そんな時に自分でコピー機を修理するという人がいます。自分でコピー機を修理することも可能ではありますが、専門の道具を揃えたり、丁寧に手入れをしなくてはならないことから、安易にコピー機の修理だからといって中身を開けたりしてはいけません。場合によってはゴミが移ったりと余計に大変なことになってしまうケースもあるのです。

コピー機の修理に必要なもの

まず柔らかい布が必要になります。それもそのはず、コピー機は精密な部品が沢山あり、柔らかい布でないと拭いた時に傷が出来てしまう可能性があるのです。アルコールスプレーなども良いですが、機械に取り付けるのではなく、布などに一度吹きかけて確認してからにしたほうが良いでしょう。間違った手入れの方法をすると、コピー機を修理しなくてはならなくなります。他にもコピー機の修理にはドライバーなどの工具が必要になります。しかしここまでのものになると、コピー機の修理を自分で開けて行なうことは難しくなってきますので、コピー機修理プロに任せた方が良いでしょう。

綺麗に使うために

コピー機はたまに点検をしてもらいましょう。
コピー機の調子が悪いなと感じたら、まずはコピー機修理業業者さんに来てもらいましょう。

業務の流れを悪くします

多くの企業

多くの企業はコピー機をオフィス内に導入されています。なので、オフィス内で仕事をしていると、室内にコピー機の音が聞こえてくると思います。ご存知のように、コピー機はコピーを取る為の機器になります。コピー機がないだけで業務の流れを著しく悪くしてしまうので、今後もコピー機に対する需要が減ることはないと予想されます。ただ、そんなコピー機も故障してしまうことがあるので、「故障かな?」と思った時は、早め早めに専門業者にコピー機修理をお願いされることをオススメいたします。

コピー機は精密に出来ている

コピー機が故障してしまうと、当然ながらコピー機をそのまま使うことは出来ません。中には、「なんとかいじれば直るかも」と思ってコピー機の内部をいじる方もいらっしゃるかもしれませんが、コピー機は精密で出来ているので、一般の方で直すというのはなかなか難しいことになります。

早めに修理依頼を

用紙が中で詰まってしまったというちょっとしたトラブルであれば、用紙を取り出すことですぐにまた使うことは出来るでしょうが、完全なる故障となると、そうは問屋が卸さないということになってしまいます。それに、いつまでもいじってばかりいると、他の社員の人達がイライラしてしまうことも考えられます。こういうケースも考えられるので、早めに専門業者にコピー機修理をお願いしましょうということなのです。コピー機修理はインターネットで申し込むことは出来るので、是非インターネットを活用して修理を依頼されてはいかがでしょうか?