長く使い続けるほどコピー機は故障しやすいというものです

いつでも必要とされるコピー機

普段お仕事をされている方ならご存知ですが、コピー機は時間に問わず必要とされる機械です。この機械があるかないかだけで、業務に大きな支障を起こしてしまうというものでしょう。少々表現が大げさかもしれませんが、それだけ、コピー機は欠かせないというものなのです。

使い続けると故障することも

さて、コピー機は一度導入すれば、長くそのコピー機を使い続けると思います。コピー機は精密機械なので、そう何度も違うコピー機に替えるということはされないと思います。でも、コピー機も長く使い続ければ、そのうち不良箇所が起きて故障に見舞われてしまいます。精密機械なので、それだけ故障しやすいというものなのです。例えば、ほんのちょっと衝撃を与えただけで故障してしまうことも充分にありえます。

お早めにコピー機の修理を

もし、お仕事でお使いのコピー機が壊れてしまったら、早いうちに専門業者までご相談されることをオススメいたします。専門業者はコピー機の修理に関してはプロフェッショナルです。プロ中のプロなので、安心して修理をお任せできるというものなので、早いうちのご相談が良いということなのです。中にはご自分でコピー機の修理を試みられる方もいらっしゃると思いますが、やはり、一般の方が修理されるのとプロの方が修理されるのとでは違ってきます。これは、何も皆さんの能力が低いからというわけではありません。人それぞれ得意分野は違ってくるもの。プロの業者に修理をお任せした方が安心なのです。

コピー機は働き者です

無くならないコピー機
パソコンやネットワーク環境が普及して、今まで紙などに出力して行っていたことも、随分デジタル化されるようになってきました。しかし、例えば資料などをチェックする時に、モニター画面のみで行っていると、全体像が掴めずについ見落としをすることがあります。また、大勢で会議や打ち合わせを行なう時に、モニター画面のみで行っていると、適所部分での書き込みが出来なかったり、見逃した所を後で見直すということ出来なかったり、不便です。こうした時には、やはり紙に出力して、「書類」を手にすることがとても有効なのです。そのため、デジタル化が進んだ現在も「コピー機」が大活躍しているのです。

コピー機は働き者
コピーはご存知の通り、原稿やデータを読み込んで、セットした紙をロールしてインクを刷り込み、複製を作るものです。複製は1枚だけではありません。時には何百枚、何千枚もの複製を作成します。ひたすらコピーする姿に思わず健気さを感じたりもします。また、最近は原稿も複雑化しています。文字が大小入り混じっていたり、色の濃淡、グラデーションがあったり、グラフや写真があったり、より精巧な複製性能を求められています。またスキャンという形で、紙原稿をデータ化することもあります。このように、コピー機はあらゆる需要に応えるべく、毎日稼働し、機能も日々進化しています。

定期的なメンテナンスを
そんな働き者のコピー機ですので、故障や不具合はよくあることです。おかしいなと思ったらすぐに修理しましょう。早めの修理が長持ちさせるには重要です。また故障だけでなく、インクトナーやドラムの交換、転写部の掃除など、コピー機のメンテナンスは定期的に必要な作業です。メンテンナンスは修理と併せて行ってくれる業者もあるようですので、一度確認をしてみましょう。

コピー機の消耗品について

様々な消耗品

コピー機には様々な消耗品が使用されています。日々の業務の間に減っていくので、随時交換、補充が必要です。
コピー機に使われている消耗品の代表例が、コピー用紙ですが、実はこれが原因でコピー機の修理が必要になる場合もあります。
コピー用紙が原因のコピー機修理は、主に紙詰まりが多いです。
紙詰まりは、印刷時にコピー用紙がローラーなどの間に噛んでしまい、正常に給紙されない場合に発生します。
この場合は、コピー機の修理を行い、詰った紙を取り除くことが必要です。

トナーのトラブル

コピー機に使われている消耗品の代表的なものとして、紙と他にもう一つ、トナーがあります。
トナーは静電気により用紙に色を付け、文字を印字したり画像を印刷するのに必要不可欠なものです。
しかし、これらトナーによるコピー機修理が発生することがあります。
特に、純正品以外の再生トナーなどを利用している時に発生しやすいトラブルで、印字の文字がかすれたり、
カラーコピーの場合は正常な色が出てこなかったりする場合がありますが、これらは純正品のトナー以外
を使用した場合に起こりやすいようです。
コピー機の修理では、これらの再生トナーなどを取り除き、ドラムなどを交換することで、元の通りにコピーを
行えるようにするものです。

コピー機修理は専門業者に

突然コピー機の修理が必要になると、業務がストップしてしまったりして大変困ります。
だからといって、自分でコピー機を分解して、コピー機の修理を行うのは大変危険です。
コピー機の内部には高圧電流が流れている場所もありますし、機械部分の調整が細かく行われている場合は、
下手にいじると使用することができなくなる場合もあります。
コピー機の修理が必要になった場合は、早めに専門業者へ連絡するのが確実です。