純正パーツを使いましょう

コピー機に使用されるトナーやドラムは、普通に購入するとかなりの金額が掛かるため、特にドラムについてはギリギリまで交換していない方は多いと思います。
また、純正品以外の互換品を使う方も多いでしょう。互換品の最大の特徴はその値段の安さですが、純正品と異なり、本来使わないはずのものなので本体側が認識しなかったり、印刷の結果があまり綺麗ではないという場合もあるようなので、安易に使うのは危険です。さらに言えば、もしそれによって故障が発生した場合、保証期間中であっても保証が効かなかったり、あるいは修理自体を断られる事があります。

特にトラブルが多いのが互換トナーです。互換トナーは純正トナーの空容器などに、トナーを充填しなおして使用しているものです。
最近のコピー機の多くはICチップなどを使ってトナー残量の計測を行っていますが、互換トナーではこの機能が働かないものもあります。また、場合によってはトナーが認識されず、コピー機時代が稼働しないこともあります。

純正品を使わないことによる被害はかなりのものです。もし保証が聞かなければ高額な修理費用を出さなければいけませんし、アフターサービスを行っている業者では修理できない場合、工場差し戻しなどの大規模な修理が必要になることもあります。また、そもそも修理自体が不可能な被害が出ている場合は、高額なコピー機を買いなおさなければならなず、業務の大きな支障となりますので、純正品以外のものは使わずに、きちんとした管理を行いましょう。