純正品を使いましょう

コピー機の消耗品
コピー機のトナーやドラムは消耗品のため、使っていると、交換しなければいけなくなりますよね。基本的には、コピー機のトナーやドラムの交換が必要になった場合、メーカーや販売店などに、換えのトナーやドラムを注文しますよね。しかし、最近では、メーカーではない、ほかの会社から、互換品として、トナーやドラムが販売されています。互換品は価格が安く、魅力的に見えますが、コピー機の修理の際にコピー機修理の保証対象外になるなど、デメリットがあるのをご存知でしょうか。
互換品について
互換品は、コピー機メーカーではなく、別のメーカーで生産されているもので、純正品と同じようにコピー機に装着して使える上に、低価格のため、導入する企業が増えているといわれています。しかし、互換品には色々なデメリットがあり、トナーの場合は、印刷の品質が純正より落ちたり、残量表示が表示されないなどのデメリットがあります。そして、最大のデメリットは、コピー機の修理を依頼した場合、互換品を使うと、コピー機の修理の保証対象外となってしまうことがあるということです。
純正品を使いましょう
コピー機の消耗品は、純正品を使うことをおすすめします。純正品ならば、コピー機メーカーが生産しているものなので信頼できますし、コピー機を修理することになった場合、コピー機修理の保証対象になるので安心できますよね。互換品を使っていて、コピー機が壊れてしまっい、コピー機の修理を依頼した場合、コピー機修理の保証外になって修理に高額な費用が発生するおそれがあります。仮にコピー機の修理が困難で、買い直しになった場合、大きな費用が発生してしまいますよね。コピー機の修理のことも考えると、互換品ではなく、純正品を使うことをおすすめします。