故障しないように知っておくこと

今ではどこのオフィスにもあるであろうコピー機ですが、ただ使っているだけでも壊れることがあります。コピー機が故障してしまった場合は、当然修理が必要になってくるのですが、コピー機を修理に出している間はコピー機が使えなくなってしまうので、そうなってしまわないように、コピー機が壊れる原因について事前にいくつか知っておきましょう。

【まずは説明書を読みましょう】
故障の原因には様々な要因が考えられますが、故障原因を作る人の多くはこれをしない人が多いです。確かに最近のコピー機は使いやすいようにはなっていますが、説明書を読まずに使えば壊れてしまうのは当然です。正しい手順でなかったり、説明書にやってはいけないと書いてあるのに、説明書を読んでいない為にやってはいけない事をやってしまう、そんな人が大勢います。どんなものでもそうですが、まずは説明書を読むクセをつけましょう。

【水は弱点です】
電子機器全てに言えることですが、水が掛かるとショートするおそれがあるので、ジュースやコーヒーを飲みながらコピーしたりなどはやめましょう。近くに置いておくのも避けたほうがいいですね。また湿気が多い場所でもトラブルの原因になるので避けましょう。

【振動も弱点です】
これも当たり前のような事ではありますが、出入り口の近くに置いておくと、ドアを開閉する際の振動の影響を受ける事があり、それが原因で故障になるケースもあります。もちろん直接的に蹴ってしまったり、何かをぶつけてしまった場合も故障の原因になるので、普段から落ち着いて行動しましょう。また移動させる場合なども注意が必要ですので、気をつけて運びましょう。