コピー機故障内容

【コピー機】
コピー機は多くの会社で使われることはもちろん、現在では家庭用のコピー機が普及しており、ご家庭にコピー機がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのコピー機は色々なことができます。コピーも白黒とカラー、コピー用紙のサイズ変更、製本することのできるものや、パンチ穴を消す機能を備えているものもあります。また、コピー機にはFAX機能が付いているものも多く、電話をすることや、アドレス帳機能も付いていたりと、その利用価値は高く、多くの会社で使われることになる要因であると思います。
【電源が勝手に落ちる】
コピー機は毎日必ず使わなければ仕事にならないという会社も多いと思うのですが、多用しているうちに故障してしまう事もあります。故障にはどのようなものがあるのでしょうか。
勝手にコピー機の電源が落ちてしまう。ということが、良くあることだと思います。もし、電源が勝手に落ちる場合には電圧を見てみましょう。コピー機は大きな機械なので、電圧のしっかりした環境でお使いいただくのがベストです。
電圧が足りなくて、電源が勝手に落ちてしまうこともよくあることです。なので、延長コードなどはなるべく使用せず、壁コンセントから直接電源ととることをオススメします。
【紙詰まり】
コピー機の故障内容として、もうひとつ挙げられるのが紙詰まりです。最初のうちはスムーズにコピーできていたのに、今では・・!なんてこともあるはず、その原因のひとつは、給紙トレイに異物が混入している場合です。もしも、ごみなどが有った場合コピー機が正常に作動するのは難しいでしょう。もうひとつは、コピー機対応用紙以外の用紙を使用している場合です。特殊コーティングしてある用紙を使ったりすると、紙を詰まらせることになりますので、気をつけましょう。コピー機は高いものですし、よく使うものなので、日頃から注意しながら使っていく必要があるでしょう。