コピー機修理で多い紙詰まりの悩み

○コピー機修理で多い紙詰まり
コピー機を使っていて厄介なのが紙詰まりです。何度も印刷する手間が増えてしまい、時間も浪費してしまいます。紙詰まりがあまりにも頻発する場合にはコピー機を修理する必要があります。紙詰まりには原因があります。まずコピー機が結露する環境だと紙詰まりを起こしやすくなります。紙は湿気を帯びてしまうと紙同士がくっつきやすくなってしまいます。特に冬は朝一番にヒーターやエアコンなどで暖房のスイッチを入れて急に部屋が暖められると結露が発生しやすくなります。紙を入れているカセットの内部で結露が発生してしまうと、中の紙が湿って紙詰まりしやすくなります。結露はコピー機を修理に出す原因にもなります。冬は部屋が十分に暖まってから利用すれば紙詰まりを防ぎコピー機を修理せず使うことができます。

○コピー機修理が多くなる時期
梅雨の時期はどうしても雨が多くなり紙に湿気がたまりやすくなります。紙が詰まり、コピー機の修理について考える前にできる予防策があります。用紙を入れるカセットの開いているスペースに乾燥材やシリカゲルなどを忍ばせると湿気防止になります。乾燥剤はお菓子や食品に入っていますので、再利用することで活用できます。

○コピー機を修理するまえにできること
紙詰まりの原因は湿気の他に、コピー機の給紙ローラーの摩擦力低下があります。ローラーが紙を送り出せなくなると、グシャっとコピー機の奥で詰まりコピー機を修理に出す必要が出てきます。給紙ローラーの摩擦力が落ちる原因は、長くコピー機を使うことで給紙ローラーにコピー用紙の紙粉が付着して起こる摩擦力の低下です。消毒用アルコールや窓ふき用のガラスクリーナーを使って、紙粉がきれいに除去されるまで掃除をすると摩擦力を取り戻すことができます。コピー機の修理について迷ったら、業者へ依頼して見てもらうことをお勧めいたします。