純正インクと互換インク

互換インクとは
大量のコピーを必要とする際、どうしても気になるのがインク代ではないでしょうか。家庭用にしろ業務用にしろ、コピー機の節約できる部分は節約したいものですよね。そのための選択肢として、「互換インク」を使用している方も多いことと思います。互換インクとは、プリンターメーカーが作った物ではない、非純正のオリジナルインクのことを言います。互換インクでは「品質は大丈夫なの?」と疑問に思う方もいると思いますが、それらもまた厳しい品質チェックの末に世に出されるため、高品質の物なら純正インクと遜色のない物になっています。しかし、注意しなければコピー機の修理が必要になるかもしれません。

互換インクのメリットとデメリット
互換インクの最大のメリットが、その価格の安さでしょう。大量にコピーする際はもちろん、コピー機のヘッドクリーニングも気軽に行うことができます。長期的にコピー機を使用するほど、このメリットは大きなものになるでしょう。しかし、やはりデメリットも存在します。基本的に、互換インクによってトラブルが発生した場合、コピー機修理においてメーカーの保障を受けられなくなります。最悪の場合、互換インクにしてすぐに故障し、保障も受けられず業務もストップしてしまうという事態になりかねません。また、互換インクメーカー同士を併用した場合、コピー機トラブルのリスクを高めることになりかねません。品質もメーカーによってまちまちであり、信頼性の低いインクを購入してしまうと目も当てられません。

コピー機修理を避けるために
品質が高く、万が一のコピー機修理の保障も行ってくれる純正インク。低価格だが、コピー機トラブルのリスクが高い互換インク。どちらを取るのかは各々の判断に任されますが、どちらにしてもコピー機修理の業者を知っておくことは重要でしょう。近年は複雑な構造を持つコピー機もあり、その修理が簡単に行えないケースもあります。特に業務用の場合、一刻も早くコピー機を修理しなければ業務に支障が出ることでしょう。トラブルによるダメージを最小限にするためにも、最悪のケースを想定してコピー機修理の準備を整えましょう。