使い古したコピー機にご用心

大切なコピー機を守る!
現代はパソコンやスマートフォンなどが普及し、膨大な書籍や資料をデジタルデータにして持ち歩くようになりました。そのような現代でも、まだまだ紙の資料は大きな割合を占めています。それだけに、今でも一般住宅からオフィスまで幅広い場所でコピー機が利用されています。しかし、使用していればどうしてもコピー機の修理は必要になります。いざという時に困らないよう、コピー機の修理には備えておきましょう。

コピー機の寿命とは?
コピー機の修理に備えるには、コピー機の寿命を知ると良いでしょう。コピー機の寿命の指標となるのが「耐用年数」と「コピー枚数」です。環境にもよりますが、耐用年数は5年、コピー枚数は300万枚が目安になっています。使用頻度が高ければ早く傷みますし、仮に全く使用しなかったとしても内部の部品は劣化していきます。そうなりましたら、コピー機の修理か買い替えが必要になります。

コピー機の修理に備える
当たり前ですが、コピー機の修理は有料ですし、その間コピー機を使用することもできません。コピー機修理の前に、まずはトラブルを起こさないように気を付けましょう。コピー機のトラブルとして最も多いのが、紙詰まりです。コピー機を使用する際は指定された用紙を用い、異物などが混入しないようにしましょう。コピー機は繊細なので、ちょっとしたゴミが紙詰まりを引き起こす恐れがあります。また、コピー機修理の際は保守契約を結んでおくとスムーズでしょう。「カウンター方式」「トナー方式」などがあり、使用環境に合わせて契約を結ぶようにしましょう。コピー機の修理は時間が掛かりがちですし、その費用も安くはありません。コピー機の修理について事前に考えておくことによって、その被害を最小限に抑えられることでしょう。