トナーの取扱に要注意

トナーって何で出来てるの?
トナーはレーザープリンタやコピー機で利用される粉で、インクジェットプリンタのインクのようなものです。
トナーは非常に細かいプラスチックの粉末に顔料や黒煙などが付着されたもので、静電気と熱により紙に対して定着させる仕組みを取っており、インクジェットプリンタのような、紙にインクが滲むような現象が起きません。

トナーカートリッジについて
トナーは、通常カートリッジに詰められた状態で供給されています。トナーが切れた場合はトナーカートリッジごと差し替えることで再び印刷可能になりますが、これらは開封することが出来ません。なぜならトナーは大変細かい粉末なので、万が一カートリッジ外部に漏れると収集がつけられない自体になってしまいます。空気中に漂い人の肺に入ることは考えられますが、健康上のリスクはないと言われているものの、やはり不安なものですし、万が一空気中に充満したまま、火花や炎に引火すると爆発的に燃焼する粉塵爆発の危険があります。

再生トナーについて
トナーカートリッジは通常、メーカーごとに回収を行なっています。しかしこのカートリッジを全く別のメーカーが回収し、自社でトナーを充填し格安で販売しているものがあります。リサイクルトナーとも言われていますが、純正品に比べるとかなり安価なので好んで使われる場合もあるようです。
しかし、純正品ではないので、万が一トラブルが起きた場合の保証など、特に本体側の故障などの保証が効かなくなる場合があるので、自己責任での使用が必要になることは覚悟しておかなければいけません。