保守契約について

保守契約

コピー機を購入しても安心して使っていただけるよう、保守契約があります。「カウンター保守」「コピーキット保守」「スポット修理」の3つの保守サービスがあります。この保守サービスは無理に契約する必要はありませんが、契約することで、コピー機修理に関して大きな利点を得ることができます。

3つの保守契約でコピー機修理

「カウンター保守」とは、トナー代やコピー機修理に関する定期メンテナンスを数ヶ月ごとに行ってくれます。「コピーキット保守」とは、トナー代に保守料金が含まれています。トナーカートリッジを購入すれば、コピー機修理のとき、技術料と部品代を無償で行ってくれます。「スポット修理」とは、保守契約をしていないコピー機を対象としたサービスです。お使いになっている方のご要望があれば、コピー機修理をしてくれますが、技術料金、部品代を支払う必要があるので、注意が必要です。コピー機修理でなるべくお金を掛けたくない人は、保守契約がオススメです。

スポット契約の支払い料金

スポット契約でコピー機を修理する場合、技術料金や部品代などの料金がどれくらいなのか調べた方がいいでしょう。コピー機修理業者のホームページでは、支払い料金を表示しているところが多いですが、コピー機修理業者の中には料金を表示していないコピー機修理業者もいます。そんなときは、コピー機修理業者に直接問い合わせてみましょう。お客様のお財布事情は様々ですので、コピー機修理の前に、どれだけ料金が掛かるのかを知るのは重要なことです。